Google Chromeに切り替えてください。
現在お使いのAndroid標準ブラウザには脆弱性が存在し、セキュリティ上の危険があります。Googleのサポートが終了しているため、今後この脆弱性が修正されることはありません。動作保証外となりますので、一部正しく表示されないページがあります。G-fitではGoogle Chromeでのご利用を推奨しております。

WHAT'S NEW

すっきり爽快!ワークアウト女子におすすめの汗対策

エネルギッシュに体を動かすワークアウトでは、たくさんの汗をかきます。そんなシーンで、汗のニオイに悩みを抱えているワークアウト女子が少なくないようです。

 

運動をしている最中に気になる汗のニオイは、どのように対策をすればよいのでしょうか? そこで今回は、快適なワークアウトのための汗対策についてご紹介します。

 

汗のニオイを予防するためには、運動をする前から対策をしておくことが大切です。ニオイが発生する仕組みを知り、すっきり爽快なワークアウトにお役立てください。

 

 

ワークアウト後に気になる汗のニオイ……

体を動かして気持ちよく汗をかけるワークアウトの時間。ところが、汗をかいたままで放置してしまうと、気になるニオイの原因となってしまうため、注意しておきたいですよね。ニオイの心配をせずに気持ちよく運動をした後は汗の対策を行っておきましょう。

 

そもそも汗をかいた後に嫌なニオイがするのは、分泌された汗が細菌に分解されるためです。人間のかいた汗そのものにはほとんどニオイがありませんが、汗が皮膚の表面にある皮脂や汚れと混じり、これらを細菌が分解することによって、独特のニオイが発生するようになります。

 

そのため、ワークアウト後はニオイが発生する前にすみやかにシャワーを浴びて、体についた汗を洗い流すのが理想といえます。しかし、ジムに通っている場合にはシャワー室が混雑してすぐに利用できないこともあり、お悩みの方も少なくないようです。そこで、ここからはワークアウトでかいた汗のケア方法をご紹介します。

 

 

汗をかく前に殺菌作用のあるケア商品を使おう

運動をしている最中に汗のニオイが気になりやすいなら、ワークアウト前に抗菌作用のあるデオドラントケア用品を使用しておきましょう。特に汗をかきやすい脇の下は忘れずにニオイ対策を行います。デオドラントケア用品は、汗をかいた後ではなく、運動をして汗をかく前の清潔な肌に塗ることが大切です。

 

汗のニオイ対策によく使われているのは、「塩化ベンザルコニウム」などの抗菌成分が含まれているデオドラントケア用品です。あらかじめ汗のニオイを発生させる原因となる細菌を抑えることで、ニオイを予防することにつながります。すでにニオイが生じてしまうと十分な効果が期待できないため、使用のタイミングを守りましょう。

 

デオドラントケア用品には、クリームタイプ・固形タイプ・スプレータイプなどさまざまな種類があります。手軽に使用できて便利なのはスプレータイプですが、強いニオイが気になるときは肌に直接塗布できるクリームタイプや固形タイプがおすすめです。いずれも汗をかく前にお使いください。

 

 

汗をかいたらウェットシートで体を拭き取ろう

ワークアウトをして汗をかいたら、汗拭き用のウェットシートなどで体を拭き取るのもおすすめです。ウェットシートには水分が含まれているため、ニオイの原因となる水溶性の物質を、キレイに拭き取ることができます。細菌がニオイを発生させる前に汗の成分を取り除き、肌を清潔に保ちましょう。

 

汗拭き用のウェットシートには、アルコール成分が含まれている商品が多くあります。アルコールが肌に清涼感をもたらし、体の熱エネルギーが下げられると、汗が引きやすくなるというメリットもあります。汗の代わりに運動をして温まった体の表面を冷やして、クールダウンをさせるためにも役立ちます。

 

ただし、お肌が敏感な方はウェットシートに配合されているアルコールなどの成分が刺激となり、使用できない場合があります。そんなときは、湿らせたタオルやハンカチをジッパー付きの袋に入れて持参するという方法がおすすめです。こまめに汗を拭き取って、ニオイの発生を防ぎましょう。

 

 

これだけは気をつけておきたいNGな汗対策

ここまでは、汗のニオイを防ぐ対策の方法をご紹介してきましたが、反対に避けておいたほうがよい方法もあります。場合によっては汗の量を増やしてしまう可能性があるため、これらの方法での汗対策にはお気をつけください。

 

まず、汗を乾いたタオルやハンカチで拭き取るのは好ましくありません。乾いたタオルやハンカチで汗を拭いてしまうと、本来であれば汗が蒸発する効果で下げられるはずの熱エネルギーを、下げられなくなってしまうのです。すると、ふたたび体温を下げようと体が働き、結果として汗が引きにくくなってしまいます。

 

また、汗で水分が失われたときは、十分な水分を補給しなければなりません。汗をかかないために水分を減らすという考え方はNGです。体に水分が不足することで、脱水症状をはじめとした健康被害の危険があるだけでなく、慢性的な水分不足から体臭が強くなるおそれがあります。体を動かしたら適量の水分を摂りましょう。

 

 

 

今回は、ワークアウト女子のための汗対策についてご紹介しました。汗をかくことで発生するニオイの対策は、エチケットのためにも忘れずに行いましょう。ワークアウトウェアブランドのG-FITには、速乾性に優れたウェアのラインナップが取り揃えられています。快適にワークアウトを行うためにぜひお役立てください!

 

 

 

◆G-FIT商品購入はこちら◆

http://g-fit.jp

 

SHARE

VIEW ALL